メニュー

NMN点滴

NMNを摂取すると、老化に関連する様々なからだの不調が改善されることが期待されます。

接種されたNMNは、体内でNADという補酵素に変換されます。

NADはサーチュインやミトコンドリアといった抗老化因子の活性化を促すので、NMNを摂取することは若々しい体づくりを目指す上で欠かせません。

 

 

NMN

 

正式名称はニコチンアミドモノヌクレオチドです。

人の体内でビタミンやアミノ酸などから自然に生成される物質で、加齢とともに減少します。

NMNを十分に摂取して身体機能や認知機能の老化を予防し、若々しく健康なからだを目指しましょう。

NMN100mgを食品から摂取するには

  • トマト 約200個分
  • ブロッコリー 約45株分
  • アボカド 約60個分

 

NAD

NADが年齢とともに減ることが老化の原因の可能性

NADとは、ミトコンドリアでエネルギー(ATP)を作るために必須の補酵素です。

また、サーチュインと呼ばれる老化抑制因子を活性化させるため、NADが少ないと老化の進行が加速します。

 

ミトコンドリア

代謝の良し悪しはミトコンドリア次第

ミトコンドリアはNADを利用して食物として取り入れた栄養素をエネルギー(ATP)に変換する働きがあります。

そのため加齢に伴ってミトコンドリアが減少すると代謝機能が低下し、老化が進行します。

 

サーチュイン

老化を抑えるサーチュイン

サーチュインはNADによって活性化され、ミトコンドリアを増加させます。

ミトコンドリアの増加は代謝機能の維持と老化の予防に繋がります。

 

老化の原因を考えたことがありますか?

 

細胞内のミトコンドリアの減少は老化の原因のひとつです。

年齢を重ねるとミトコンドリアにおけるエネルギー産生量が低下し、老化による不調が生じます。

 

  • 同僚とは同い年なのに同僚の方が若々しく見える。
  • 外に出ることが多く、紫外線をよく浴び、シミが増えた。
  • 階段の昇り降りするだけで息が切れる。

 

ミトコンドリアの数が少ないとどうなる?

 

ミトコンドリアは全身の細胞の中にあって、栄養素(糖分や脂肪分)をエネルギーに変換する働きを持っています。

ミトコンドリアの数や働きが低下すると、細胞が機能を最大限に発揮できなくなります。

例えば神経細胞であれば、見たり、聞いたり、物事を理解したりすることができにくくなります。

免疫細胞であれば免疫力の低下に、筋肉の細胞であれば筋力や持久力の低下に繋がります。

また、余った栄養素(糖分や脂肪分)が体に蓄積して代謝異常症を引き起こすおそれがあります。

 

NMNがミトコンドリアに与えるダブルの効果

 

  • ミトコンドリアの数の増加
  • エネルギー産生の活性化

 

 

料金

初回の方限定 スタートアップキャンペーン実施中

100 mg 33,000円 → 27,500円(税込)

200 mg 60,500円 → 49,500円(税込)

300 mg 88,000円 → 71,500円(税込)

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME