メニュー

TFCC損傷って何だ?

[2024.05.07]

腱鞘炎という言葉はよく聞かれますが、病院に受診するとTFCC損傷と言われることがあります。

腱鞘炎とTFCC損傷にはどのような違いがあるんでしょうか。

 

違いを解説

腱鞘炎とTFCC(三角線維軟骨複合体)損傷は、手首や手の痛みや機能障害を引き起こすことがありますが、それぞれ異なる状態です。

腱鞘炎は、手首や手の動きを制御する腱の周囲の腱鞘が炎症を起こす状態を指します。

これは、手首や手を繰り返し使用することで引き起こされることが一般的です。

典型的な症状には、手首の痛みや腫れ、痛みが特定の動きや姿勢で悪化することが挙げられます。

 

腱鞘炎は、手首の過度な使用や姿勢の問題、または怪我によって引き起こされることがあります。

 

一方、TFCC損傷は、手首の内側の部分にある三角線維軟骨複合体(TFCC)が損傷を受けた状態を指します。

TFCCは手首の安定性を提供し、手首の動きを調整する重要な役割を果たしています。

TFCC損傷は、手首の回旋運動や強い負担によって引き起こされることがあります。

症状には、手首の痛み、腫れ、弱さ、手首の特定の動きでの制限などが含まれます。

腱鞘炎とTFCC損傷は、症状や原因、治療方法などが異なるため、医師による正確な診断が重要です。

診断が確定したら、適切な治療プランが立てられ、手首や手の機能を回復させるための対処が可能になります。

 

TFCCを詳しく解説

TFCC(Triangular Fibrocartilage Complex)は、手首の内側に位置する三角線維軟骨複合体を指します。

手首の解剖学的構造の中で重要な役割を果たしており、手首の安定性や動きの調整に関与しています。

 

TFCCは複雑な構造をしており、主に次の要素から構成されています。

  1. 三角線維軟骨(TFCC): 手首の骨の間に位置する三角形の軟骨組織であり、手首の安定性を提供します。手首の負担やストレスを分散し、骨同士の摩擦を減らす役割があります。

  2. 靭帯: TFCCは、腕の骨(尺骨と橈骨)と手の骨(手根骨)をつなぎ、手首の安定性を保持する靭帯で補強されています。

  3. 軟骨組織と滑膜: TFCC内部には軟骨組織が含まれており、手首の骨同士の摩擦を減らし、手首の動きをスムーズにします。また、滑膜が軟骨表面を覆い、適切な潤滑作用を提供します。

 

TFCCは、手首の外側の部分にある側副靭帯と対照的に、手首の内側に位置しています。

TFCCの損傷は、手首の強い負担や怪我、反復的な動作などによって引き起こされることがあります。

TFCCの損傷は手首の痛み、腫れ、手首の動きの制限などの症状を引き起こすことがあり、適切な治療が必要となります。

 

TFCCの解剖学的複雑さと重要性から、TFCCの損傷は適切な医療専門家による詳細な評価と管理が必要です。

 

TFCC損傷の症状とは?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷は、手首の外側(小指側)に位置するTFCC組織にダメージが生じた状態を指します。

TFCC損傷の症状は個人によって異なることがありますが、一般的な症状には以下のようなものがあります。

 

  1. 手首の痛み: TFCC損傷によって手首の外側や関連する部位で痛みが生じることがあります。痛みは様々な活動時に現れ、特に手首を曲げたり伸ばしたりする際(雑巾を絞ったり蓋を回して開けたりする動作)に顕著になることがあります。

  2. 腫れ: TFCC損傷によって、手首の外側や周囲の組織が腫れることがあります。腫れは、損傷がある場所やその程度によって異なる程度で現れることがあります。

  3. 手首の弱さ: TFCC損傷が進行すると、手首の強度や安定性が低下することがあります。これにより、手首の動きや物を持つ能力に影響が出る場合があります。

  4. 手首の制限: TFCC損傷によって、特定の手首の動きが制限されることがあります。特に手首を回転させる動きや、手の重い物を持ち上げる動作などで制限が現れることがあります。

  5. クリックやカチカチ音: TFCC損傷によって、手首を動かす際にクリックやカチカチという音が聞こえることがあります。これは、損傷が手首の内部の組織の摩擦や不安定さを引き起こす結果です。

これらの症状がTFCC損傷の典型的なものですが、個々の症状は患者や損傷の程度によって異なる場合があります。

TFCC損傷が疑われる場合は、医師や専門家の診察を受けて、適切な評価と治療を受けることが重要です。

 

どのようなときにTFCC損傷になる?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷は、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

以下は、TFCC損傷が発生する一般的な状況や原因です。

  1. 急性の外傷: TFCC損傷は、手首に直接的な怪我があった場合に発生することがあります。例えば、手首を捻ったり、打撲したり、手首を強く曲げたりすることでTFCCに損傷が生じる可能性があります。

  2. 反復的なストレス: 特定のスポーツや職業活動、または日常生活での反復的な手首の使用は、TFCCに損傷を引き起こす可能性があります。例えば、テニスやゴルフなどのスポーツでの手首の過度な負担や振動、または手首を重い物を持ち上げる作業などが該当します。

  3. 年齢と関節の変化: TFCCは、加齢とともに弱くなる傾向があります。そのため、加齢による関節の変化や変性がTFCC損傷のリスクを増加させる可能性があります。

  4. 運動不足や筋力の低下: 手首周辺の筋肉や靭帯が弱くなると、手首にかかる負担がTFCCに集中しやすくなります。運動不足や筋力の低下は、TFCC損傷のリスクを増加させる要因となります。

  5. 姿勢の問題: 不適切な姿勢や手首の使い方は、TFCCに負担をかける可能性があります。例えば、手首を曲げたまま長時間作業することや、手首を強く反らせる動作が挙げられます。

TFCC損傷は、これらの要因が単独である場合もありますが、通常は複数の要因が組み合わさって生じることが多いです。

TFCC損傷のリスクを最小限に抑えるためには、適切な姿勢や手首の使い方の維持、筋力トレーニング、ストレッチ、または適切な装具の使用などが重要です。

 

TFCC損傷はどのように診断される?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷の診断は、通常、医師や専門家による包括的な評価と検査によって行われます。

TFCC損傷の診断プロセスには、以下のような手順が含まれることがあります。

  1. 症状の評価: 患者の症状や痛みの特徴、手首の動きの制限などについて、詳細なストーリーを聞きます。これにより、TFCC損傷の可能性を疑うことができます。

  2. 身体検査: 医師は、手首の外観や触診を通じて、痛みや腫れ、手首の動きの制限などを評価します。特に手首の特定の動きや圧痛を引き起こす点を特定することが重要です。

  3. 画像検査: TFCC損傷の診断には、X線、MRI(磁気共鳴画像)などの画像検査が使用されることがあります。X線は骨の異常や変形を確認するために使用され、MRIは軟部組織(軟骨や靭帯)の損傷をより詳細に評価するために使用されます。

  4. 特殊なテスト: 医師は、TFCC損傷の診断を補完するために、特殊な手首のテストを実施することがあります。例えば、手首の特定の動きや抵抗を加えて痛みや不安定さを評価するなどです。

  5. 他の状態との鑑別: TFCC損傷の症状は、他の手首や手の状態と類似することがあります。医師は、類似の状態(例えば、腱鞘炎や尺骨骨折など)とTFCC損傷を鑑別するために、適切な検査と診断プロセスを実施します。

TFCC損傷の診断は、症状や状態の複雑さによって異なります。

そのため、適切な医療専門家による評価と診断が重要です。

 

TFCC損傷を起こした時の治療はどのようなことが行われる?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷の治療は、患者の症状の程度や損傷の種類によって異なりますが、一般的な治療方法には以下のようなものがあります。

  1. 安静と保護: TFCC損傷が軽度な場合や怪我直後には、手首に負担をかける活動を控え、安静にすることが重要です。時には、手首をサポートするための包帯や装具の使用が推奨されることがあります。

  2. 薬物療法: 炎症や痛みを軽減するために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や痛み止めが処方されることがあります。これらの薬物は、痛みの管理や炎症の軽減に役立ちます。

  3. 物理療法: 物理療法やリハビリテーションプログラムは、手首の筋力や柔軟性を向上させ、手首の安定性を回復するのに役立ちます。痛みの軽減、筋力トレーニング、ストレッチ、および手首の機能の回復を促進するために、理学療法士や作業療法士が患者に指導を行います。

  4. 注射療法: 炎症や痛みが重度な場合には、ステロイド注射が行われることがあります。これにより、痛みや腫れが軽減されることが期待されます。

  5. 手術: TFCC損傷が複雑で重度な場合には、手術が必要となることがあります。手術の種類は、損傷の種類や場所によって異なりますが、TFCCの修復や再建、関連する構造の修復が行われることがあります。

TFCC損傷の治療は、患者の症状や損傷の程度に合わせて個別に決定されます。患者は、医師や専門家の助言に従い、適切な治療計画を受けることが重要です。

 
 

TFCC損傷にならないような予防策はある?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷を予防するためには、以下のような予防策を考慮することが重要です。

  1. 適切な姿勢と手首の使い方: 日常生活や仕事で手首を使用する際には、正しい姿勢を保ち、手首への負担を最小限に抑えるようにしましょう。長時間の手首の同じ位置での保持や反復的な動作を避け、手首の過度な屈曲や反曲も避けるようにしましょう。

  2. 筋力トレーニングと柔軟性の向上: 手首周辺の筋肉を強化し、関節の柔軟性を向上させることで、手首への負担を軽減することができます。手首や前腕のストレッチや筋力トレーニングを行い、手首の安定性を向上させることが重要です。

  3. 適切な装具の使用: スポーツや特定の作業中には、手首を保護するための装具やサポートを使用することが有効です。例えば、テニスやゴルフなどのスポーツでは手首のサポーターを着用することで、負担を軽減することができます。

  4. 適度な活動と休息: 過度な負荷や反復的な動作を避け、適切な休息をとることが大切です。特に手首に負荷をかける活動の後は、十分な休息をとり、手首を休めるようにしましょう。

  5. 体の全体的な健康の維持: 手首の健康は全体的な健康と密接に関連しています。バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレス管理などを行うことで、手首や関節の健康を維持することができます。

これらの予防策を実践することで、TFCC損傷のリスクを最小限に抑えることができます。

しかし、活動やスポーツを行う際には、十分な注意と適切なトレーニングを行うことが重要です。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME