腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間板が破損し、中に含まれるゼリー状の核が椎間板の外側に押し出され、神経を圧迫する状態のことを指します。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛や足の痛み、しびれ、筋力低下などの症状を引き起こすことがあります。

腰椎椎間板は、脊椎の骨と骨の間にあるクッションの役割を果たしており、柔軟性と衝撃吸収能力を持っています。

椎間板は、外側の硬い繊維輪と、内側のゼリー状の核で構成されています。

腰椎椎間板ヘルニアは、この繊維輪の破損により核が外側に押し出されることで発生します。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰部の痛みや下肢の症状を引き起こすことがあります。

具体的には、坐骨神経痛と呼ばれる脚の痛みやしびれ、筋力低下、排尿や排便に関する問題などが現れることがあります。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、以下のようなものがあります。

腰痛

椎間板ヘルニアがある場合、腰部に痛みが生じることがあります。
腰痛は、激しいものから鈍いものまで、様々な程度があります。

脚の痛み

腰椎椎間板ヘルニアがある場合、坐骨神経が圧迫されることがあり、脚に痛みが生じることがあります。
痛みは、腰から足先にかけて放散痛を伴うことがあります。

脚のしびれ

坐骨神経が圧迫されると、脚にしびれや痺れが生じることがあります。

筋力低下

坐骨神経が圧迫されると、脚の筋肉が弱くなり、歩行や日常生活動作が困難になることがあります。

排便や排尿に関する問題

腰椎椎間板ヘルニアが重度である場合、膀胱や直腸に圧迫が生じることがあり、排便や排尿が困難になることがあります。

腰痛や脚の痛みなどの症状が続く場合は、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

診断

腰椎椎間板ヘルニアの診断には、以下のような方法があります。

症状の詳細な聴取

医師は、患者の症状や病歴を詳しく聴取します。

神経学的検査

医師は、神経学的検査を行い、神経の状態を確認します。

X線検査・MRI検査

MRIは、断層撮影技術を用いて、脊椎や神経の詳細な画像を得ることができます。腰椎椎間板ヘルニアの診断には、MRI検査が最も有効です。

診断は、症状やX線検査・MRI検査などの検査結果に基づいて行われます。

治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療には、以下のような方法があります。

保存的治療

薬物療法、温熱療法、物理療法、リハビリテーションなどの保存的治療が行われます。
これらの治療により、痛みやしびれの緩和、筋力の回復、機能の改善が期待されます。

インターベンション治療

腰椎椎間板ヘルニアに対して、痛みを和らげるためのインターベンション治療が行われることもあります。
例えば、局所麻酔やステロイド剤を注射する治療などがあります。

治療方法は、患者の症状や状態に応じて決定されます。

保存的治療が効果的な場合には、手術治療を避けることができます。

医師の指導のもと、最適な治療方法を選択することが大切です。

リハビリテーション

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリには、以下のようなものがあります。

体操療法

腰椎椎間板ヘルニアにより起こる腰痛やしびれを緩和するために、腰部周辺の筋肉の強化と柔軟性を回復するための体操療法が行われます。

物理療法

患部に熱や電気刺激を与える物理療法が行われます。例えば、超音波治療、低周波治療、磁気療法などがあります。これらの治療により、痛みやしびれを緩和することが期待されます。

マッサージ療法

腰部周辺の筋肉を緩め、血液循環を促進するために、マッサージ療法が行われます。

教育的アドバイス

正しい姿勢や運動の仕方などの教育的アドバイスが行われます。
これらのアドバイスにより、再発予防や回復期間の短縮が期待されます。

リハビリは、治療と同様に個々人の症状や状態に合わせたものが重要です。

患者様本人の自覚や症状を聞き取りながら、医師やリハビリテーション専門家の指導のもと、最適なリハビリ計画を作成します。

タイヤ交換で腰を痛めないようにするには?

2024/7/2  

タイヤ交換で腰を痛めないようにするには? タイヤ交換時に腰を痛めないようにするためには、いくつかのポイントがあります。 正しい姿勢を保つ: 腰を痛めないためには、正しい姿勢を保つことが重要です。腰を曲 ...

ギックリ腰はどういう時になりやすい?

2024/7/2  

ギックリ腰はどういう時になりやすい? ギックリ腰(急性腰痛症)は、日常の様々な状況で発生することがあります。以下は、ギックリ腰が起こりやすい具体的なシーンや動作の例です。 重い物を持ち上げるとき:特に ...

腰椎ブロック注射の種類

2024/7/2  

腰椎ブロック注射の種類 腰椎ブロック注射は、腰痛や坐骨神経痛などの痛みを緩和するために用いられる治療法です。以下に代表的な腰椎ブロック注射の種類を説明します。 硬膜外ブロック(エピデュラルブロック) ...

腰痛時にコルセットをつけるべき?筋力が落ちるので我慢すべき?

2024/7/11  

腰痛時にコルセットをつけるべき?筋力が落ちるので我慢すべき? 腰痛時にコルセットを使用するかどうかは、状況や個人の状態によります。以下に、コルセットの利点と欠点、および適切な使用方法について説明します ...