メニュー

3/3は耳の日 意外と見落としがちな耳ですが、しっかりケアしましょう

[2024.03.03]

みなさん、こんにちは
北海道千歳市にある新千歳クリニックの院長・宮井保尚です。
日ごろ思ったことをコラムにして残しておきたいと考え、不定期に書いていこうと思いますので、宜しくお願い致します。

 

3月3日は「耳の日」として知られています。

この日は、聴力を大切にし、耳の健康に気を配る機会として、私たち一人一人が耳の大切さを再認識する日です。

耳は私たちが日々の生活の中で情報を得るために不可欠な器官であり、その健康を守ることは、快適な日常生活を送るためにも重要です。

聴力を維持するために

聴力を維持するためには、日頃からのケアが重要です。まず、大きな音に長時間さらされることは避けましょう。大音量で音楽を聴く、特にイヤホンやヘッドホンを使用する際は、音量に注意が必要です。また、職業柄、騒音環境下で作業を行う方は、適切な耳栓やイヤーマフを利用しましょう。

日常生活では、耳掃除を適切に行うことも大切です。耳垢は自然に外に出るように作られていますので、無理に耳の奥を掃除しようとすると、耳垢が奥に押し込まれてしまったり、耳の中を傷つける原因になることがあります。耳掃除は、外耳の清潔を保つ程度に留め、耳の奥は専門家の手に委ねましょう。

耳の病気について

耳の健康を守るためには、耳の病気についての知識も重要です。中耳炎、外耳炎、突発性難聴など、様々な耳の病気が存在します。これらの病気は、早期発見、早期治療が重要です。耳の痛み、聴力の低下、耳鳴りなどの症状が現れた際は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

耳のケアの仕方

耳のケアは、日常生活の中で簡単に行うことができます。例えば、バランスの良い食事を心掛けることは、耳の健康にも良い影響を与えます。ビタミンやミネラルを含む食品を積極的に摂取しましょう。また、ストレスは体全体の健康に影響を及ぼすため、日頃からリラクゼーションを心掛け、適度な運動を取り入れることも有効です。

耳の健康は、私たちの生活の質を大きく左右するものです。3月3日の耳の日を機に、自分自身の耳を大切にすること、そして家族や友人に耳の大切さを伝え、共に健康な生活を送るための一歩を踏み出しましょう。耳の健康を守ることは、豊かな人生を送るための基盤となります。

 

それでは、また次回!


北海道千歳市にある新千歳クリニックの院長・宮井保尚でした。
(千歳駅から車•バス8分「青葉中学校前」停 徒歩1分です)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME