メニュー

当院の特徴

診療科
整形外科
■内
リウマチ科
リハビリテーション科

専門とする疾患等
■脊椎外科・末梢神経外科
■骨・軟部腫瘍
■関節リウマチ
■スポーツ医学

学会・認定医
日本整形外科学会 認定医
日本リウマチ学会 認定医
日本整形外科学会 スポーツ医
 
詳細情報
腰痛、肩こり、四肢のシビレ、四十肩、関節炎の診断と治療に重点をおいております。

デジタルX線画像、MRI検査、エコー検査、CT検査、骨密度測定装置にて正確な診断を追及するのはもちろんのこと、特に神経疾患においては神経伝導速度測定機、末梢神経検査装置、重心動揺計による電気生理学的検査を併用し詳細な診断にもとづいた治療を致します。
また、わずかな異常も見落とさないように細かい診察を大切に考えております。

リハビリやブロック治療による早期の鎮痛を心がけております。
御希望の場合は針治療を、またマッサージには時間をかけて対応しております。
疼痛の強い方には神経ブロック(腰部硬膜外、神経根、星状神経節など)を行っております。
リハビリ施設を充実させ、診察時間も病院よりも夜遅くまで行っております。

近年注目されているエコー検査を用いたハイドロリリースによる急性腰痛症や頸部痛の劇的緩和、難治性の四肢末梢神経障害、
スポーツ障害等の著明な改善を心掛けています。

リハビリ機器はプロテック腰椎索引器、テクトロン、ライズトロン、ES520、ES4000、キセノンレーザー治療機等、高度な医療機器をそろえています。

大リーグで活躍している大谷翔平選手も用いた対外衝撃波治療による腱と靭帯の早期修復促進を行っています。

そして、日常診療で多い指趾骨折の早期治療のため超音波骨刺激装置(アクセラス)を必要な場合ご自宅で毎日使用できるように御貸ししています。

また、院長の個人的経験から高齢者の嚥下性肺炎の早期診断と予防に重きを置き、肺CT検査を行うようにしています。
ES4000で電気刺激による咽頭筋強化リハビリを行っています。

当医院では患者さんの希望を重視し、個別の最善の治療方針を決定しております。
病状と治療内容をわかり易く正確に説明しております。
早期の痛みの軽減のために努力させていただきます。

≪専門とする疾患など≫
脊椎外科・末梢神経外科
骨・軟部腫瘍
関節リウマチ
スポーツ医学

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME